一戸建ての家事導線、主に洗濯について

一戸建てを購入する際、家事導線を最重要視しました。
特に毎日行う洗濯作業について考えました。
干す場所や干した後の片づけの導線などについて1階と2階の上り下りが大変にならないか。
畳んだり、アイロンをする場所は客間から見えない場所か。
もうすぐ年頃になる女の子がいるので、干したものが玄関から見えたり、盗まれないような場所かなどを重要視しました。
急な雨でも急いで取り込みしなくて済むように屋根も付けました。

まず洗濯物を干す場所は1階にして、洗濯機も1階にすることで水で濡れた重い洗濯物を2階にもっていかなくてもいいようにしました。
洗濯物には屋根を付け、簡易なサンルームのような形にして、洗濯機やキッチンも比較的近くにしたので、家事導線はいいと思いました。
小さなママルームも作ったのでそこで洗濯物を畳んだり、急なお客様がきた時も洗濯物でいっぱいという状態を避けることができました。
雨が降っても片づけなくていいので良いと思いました。

やはり実際に住みやすい家づくりを考えて頭の中でシュミレーションしたり、実際建てた友達に聞くといいと思います。
また、コンセントの場所や高さ、風通りのことなど、実際住むと気づくこともあるので、いろいろシュミレーションをしてくれたり経験豊かな工務店のスタッフさんに聞くと良いと思います。

 

PR:健康マニアによる無病ライフ,お家の見直ししま専科,工務店向け集客ノウハウ,生命保険の選び方,英語上達の秘訣,SEOアクセスアップ相互リンク集,超SEO対策